上条城 | 今井兼平の孫・小坂孫九郎光善の居城




上条城 | 今井兼平の孫・小坂孫九郎光善の居城

 

 

春日井市の上条城(じょう じょう じょう)は、木曽義仲の家臣の今井兼平の孫・小坂孫九郎光善の居城といわれています。小牧長久手の戦いの時にも池田恒興が入城したお城でもあります。

 

 

 

 

 

歴史

 

戦国時代以前の古いお城である上条城を築いたのは、小坂孫九郎光善という人で、小坂氏はこの地に勢力をもった豪族でもありました。

 

 

上条城は小牧長久手合戦で、羽柴方の池田恒興率いる三河中入隊が入城したといわれています。

 

 

その後、城跡には林氏が在住する様になり、江戸時代にはこの地域の庄屋を務めていたそうです。

 

 

 

 

 

感想

 

かつての上粂城は、2002年頃まで大きな屋敷があったのですが、火事により焼失してしまい、現在では空き地になっています。

 

 

しかし敷地内をよく見てみると、土塁、堀の後を確認することができます。

 

 

屋敷跡の南側に門があったらしく、現在では北と西側に土塁が残り、北西の隅に櫓場のような高台も残っていました。

 

 

ところで東南側に古い五輪塔がありましたが、上条城との関係があるのでしょうか?それとも上条城の城主のお墓とか?ナゾは深まるばかりです。

 

 

 

 

 


上粂城の土塁跡。かつて屋敷の時にもこの土塁が周囲を巻いていたのですね。

 

 

 

 

 


こちらは堀跡。L字方の土塁のふもとにあったので、この堀の土をかきあげて土塁にしたのでしょう。

 

 

 

 

 


まだ屋敷があった頃の井戸の写真。もしかすると戦国時代から残っていた井戸かもしれませんね。

 

 

 

 

 


上粂城の東南側には古い五輪塔の一部がたくさんあります。

 

 

お城と関係があるのでしょうか?

 

 

所在地  春日井市上条町2丁目

 

立地  平城

 

築城時期  健保六年(1218)

 

築城者  小坂孫九朗光善

 

主な城主 小坂氏

 

現状 民家

 

地図

関連ページ

田楽城 | 小牧長久手合戦で徳川方に砦として利用された長江氏の屋敷跡
かつての尾張国だった愛知県春日井市にある田楽城は、長江氏の屋敷跡で、小牧長久手合戦で徳川方に砦として利用された歴史が残る城址です。
吉田城 | 織田敏定に使えた小坂氏の居城
かつての尾張国だった愛知県春日井市の吉田城は、織田信長の曽祖父(ひいおじいさん)といわれる織田敏定に仕えた小坂氏の居城といわれています。そんな春日井市の吉田城跡に関する記事です。
大留城 | 将軍足利義輝の家臣だった村瀬氏の居城
かつての尾張国だった愛知県春日井市の大留城は、将軍足利義輝の家臣だった村瀬氏の居城です。また小牧長久手合戦では羽柴方に付き、池田恒興も大留城に入城しています。
下大留城 | この地の豪族・谷口友之進の居城跡
かつての尾張国だった愛知県春日井市の下大留城 い関する記事です。城主はこの地の豪族・谷口友之進という人で、近くにも日比野六太夫という豪族がいました。
白山城 | 松本伊策の居城で別名・松本居館といわれるお城
かつての尾張国だった愛知県春日井市の白山城は、松本伊策の居城で別名・松本居館といわれるお城でした。その詳細について説明した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ