萱津合戦陣城 | 萱津合戦で築かれた陣城跡




萱津合戦陣城 | 萱津合戦で築かれた陣城跡

 

 

愛知県あま市の萱津合戦陣城(かやつかっせんじんじょう)は、信長と清州織田氏が戦った萱津合戦で築かれた陣城です。

 

 

 

 

 

歴史

 

天文二十年(1551)、まだ信長が家督を継いだばかりの頃のお話。

 

 

この頃、信長は那古野城(名古屋市・中区)に居城していました。

 

 

織田家の家督を継いだものの、『うつけ』との評判の信長に周囲の家臣団はおろか、信長の親族でさえ信長を当主と認めず、敵対する者がチラホラ出てきました。

 

 

そんな中、清洲城を居城としていた織田信友(尾張下四郡の守護代)の家臣・坂井大膳が、信長に従っていた松葉城(大治町)・深田城(あま市)を攻撃して人質を取りました。

 

 

信長はすぐに出陣、守山城から叔父の信光も駆けつけました。

 

 

清洲城からは、坂井大膳と並ぶ実力者・坂井甚介が出陣。

 

 

信長・信光軍と清洲織田軍は萱津の原で激突!

 

 

合戦の末、信長・信光軍の勝利。坂井甚介は戦死。松葉・深田両城もこの時に落城しました。

 

 

 

 

 

感想

 

現在の萱津古戦場は河川敷と民家になっており、住宅地の中に古戦場を示す石碑が建っています。

 

 

私の感想ですが、陣城と記載してありますが、萱津合戦の時だけに使用された陣跡、もしくはちょっとした砦みたいなものがあっただけなのでしょう。

 

 

また近くには全国で唯一の漬物の神様を祭った萱津神社があるので、セットで訪れることができます。

 

 

 

 

 


現在では石碑以外に古戦場を想わせるものは残っていません。

 

 

所在地 あま市上萱津八剱50

 

立地 平城

 

築城時期

 

築城者  織田氏

 

主な城主 織田氏

 

現状 住宅地

 

地図

関連ページ

愛知県愛西市の詳細不明のお城まとめ
愛知県あま市の詳細不明のお城や砦の記事を一覧にしてまとめたカテゴリです。かつての美和町、七宝町、甚目寺町の城跡についてまとめてあります。
蜂須賀城 | 蜂須賀小六で有名な蜂須賀正勝の生誕地
愛知県あま市(旧美和町)の蜂須賀城は、豊臣秀吉を支えた蜂須賀小六で有名な蜂須賀正勝の生誕地です。この記事では、そんな蜂須賀城跡の現地レビューと感想を書いてみました。
福島宰相屋敷 | 賤ヶ岳七本槍筆頭の福島正則の生誕地
愛知県あま市(旧美和町)の福島宰相屋敷は、豊臣秀吉に仕えた賤ヶ岳七本槍筆頭の福島正則の生誕地です。この記事では現地レビューと感想を書いてみました。
三位法印屋敷 | 秀吉の甥で関白になった豊臣秀次の生誕地
愛知県あま市(旧美和町)の三位法印屋敷は、豊臣秀吉の甥で関白になった豊臣秀次の生誕地といわれている場所です。この記事では現地レビューと感想を書いてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ