福谷城 | 原田氏の築城で酒井忠次の居城になったお城




福谷城 | 原田氏の築城で酒井忠次の居城になったお城

 

 

愛知県みよし市の福谷(うきがい)城跡は、当地の土豪・原田氏の築城で、松平(徳川)家臣・酒井忠次の居城と伝わります。

 

※福谷の読みは うきがい

 

 

 

 

 

歴史

 

当時今川氏の傘下だった松平氏は、弘治年間(1566)〜永禄二年(1559)にかけて、酒井忠次にお城を改修させ、敵だった尾張の織田氏に備えていました。

 

 

しかし永禄三年(1560)年、桶狭間の合戦で今川義元が戦死。松平氏は翌年、織田氏と結ぶ事になり、尾三同盟が成立します。

 

 

その後国境のお城である福谷城は、その役割を終え廃城となりました。

 

 

 

 

 

感想

 

今川義元の存命中は、三河と尾張は激しく戦っており、この福谷城も織田家の武将・柴田勝家が攻めています。

 

 

さて、そんな福谷城ですが、お城跡は標高20m程の小山にあり、現在では2つの郭を確認する事ができます。

 

 

さらに北側の郭周辺には、堀跡も残り、満足度の高いお城でした。

 

 

 

 

 


北側の曲輪。土塁も確認できますよね。三好町教育委員会の看板もあります。

 

 

 

 

 


周辺には堀跡も確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

(愛知県中世城館跡調査報告2 三河地区より)

 

福谷城の縄張り図を見てみましょう。本丸はUの削平地で、現在神社になっています。

 

上の写真の北側の曲輪はTです。つまり本丸のほうが標高が低いのですね。

 

あと、『西部平坦面』はそのままの平地で、ココに車を停めました。曲輪跡カでしょうか?

 

そして一番上の四角い区画は、城山保育園です。

 

 

所在地  三好町大字福谷字市場61-2

 

立地  丘陵

 

築城時期  15世紀〜16世紀

 

築城者

 

主な城主  原田氏重・酒井忠次

 

現状  山林・畑地・宅地

 

地図


関連ページ

三好城 | 武田攻めで戦功があった佐久間大膳亮勝之の居城跡
かつての三河国だった愛知県みよし市に残る三好城は、武田攻めで戦功があった佐久間大膳亮勝之の居城跡といわれています。この記事では三好城の歴史や現地の様子、そして私の感想を書いています。
明知城 | この地の土豪だった原田氏の居城跡
かつての三河国だった愛知県みよし市の明知城は、この地の土豪だった原田氏の居城跡です。この記事では城主の原田氏や明知城の歴史、そして現地レビュー、また私の感想を書いています。
道満屋敷 | この地に勢力を持っていた柘植道満の屋敷跡
かつての三河国だった愛知県みよし市に残る道満屋敷跡は、この地に勢力を持っていた柘植道満の屋敷跡です。この記事では道満屋敷の歴史や現状の報告、そして私の感想を書いています。

ホーム RSS購読 サイトマップ