氷上砦 | 桶狭間合戦時に大高城を包囲していた砦のひとつ




氷上砦 | 桶狭間合戦時に大高城を包囲していた砦のひとつ

 

 

名古屋市緑区の氷上砦跡は桶狭間合戦時に大高城を包囲していたといわれる織田方砦のひとつです。

 

 

 

 

 

歴史

 

大高城(今川方)に対抗するために織田方が築いた砦で、西方丘陵上に堀、土塁があったそうです。

 

 

この氷上砦は【信長公記】には記載がなく、【張州雑誌】や【尾州知多郡大高古城図】(名古屋市蓬左文庫)などの限られた資料に記載されているのみです。

 

 

『張州雑誌』に『大高村の西南九町計りにあり』という記述があるのみで、守将、兵数、詳細などその他は全く不明です。

 

 

現在の氷上姉子神社の西南という説もありますが確定はできませんでした。

 

 

 

 

 

感想

 

謎に包まれた氷上砦ですが、定説ではその名前から熱田神宮にゆかりがある氷上姉御神社(ひかみあねごじんじゃ)周辺にあったといわれていますが、現在の氷上姉御神社を含めた周辺には砦の遺構らしきものは残っていませんでした。

 

 

ところでこれは私の感想ですが、氷上姉子神社から少し西へ行った所に『取手山』(とりでやま)という山があります。

 

 

名前からして砦(とりで)があった様に思えますよね。地名も大高町取手山になっていまます。

 

 

いろんなお城を巡っていると、住所、つまり旧字名がお城ゆかりのものってたくさんあります。

 

 

例えば城前、市場、上屋敷、堀後など。

 

 

『取手』も『砦』というふうに読めるので、もしかすると氷上砦が置かれていた事から、後世になって地名に転じたのかもしれませんよね。

 

 

ちなみにこの候補地ですが、現在では山林、畑地になっており、ココも砦の遺構らしきものは残っていませんでした。

 

 

・所在地 緑区大高町取手山

 

・立地  平山城

 

・築城時期  ?

 

・築城者  ?

 

・主な城主  ?

 

・現状 山林、畑地

 

地図


関連ページ

名古屋市緑区の詳細不明のお城
名古屋市緑区の詳細不明のお城跡をまとめてみました。
大高城 | 桶狭間合戦のキッカケになったお城
名古屋市緑区の大高城は、桶狭間合戦のキッカケになったお城で、丸根砦、鷲津砦に包囲されていました。また松平元康による大高城兵糧入れが行われたことで有名なお城です。
鷲津砦 | 桶狭間合戦時に朝比奈泰能が攻め落とした砦
名古屋市緑区鷲津砦は、桶狭間合戦時に飯尾定宗が守っていましたが、今川方の朝比奈泰能が落とした砦です。
丸根砦 | 桶狭間合戦時に松平元康が攻め落とした砦
名古屋市緑区の丸根砦は、桶狭間合戦時に松平元康(後の徳川家康)が落とした砦です。
鳴海城 | 桶狭間合戦時に今川方の岡部元信が守ったお城
名古屋市緑区の鳴海城は、桶狭間合戦時に今川方の岡部元信が守ったお城です。
丹下砦 | 鳴海城を包囲した砦のひとつで守将は水野帯刀
名古屋市緑区の丹下砦は桶狭間合戦時に鳴海城を包囲した砦のひとつで守将は水野帯刀、山口海老之丞、柘植玄蕃允らと伝わります。
善照寺砦 | 鳴海城を包囲していた砦のひとつ守将は佐久間左京亮
名古屋市緑区の善照寺砦は桶狭間合戦時に鳴海城を包囲していた砦のひとつで、守将は佐久間左京亮といわれています。
中島砦 | 鳴海城を包囲した砦のひとつで守将は梶川高秀
名古屋市緑区の中島砦は、桶狭間合戦時に鳴海城を包囲した砦のひとつで守将は梶川一秀と伝わります。
正光寺砦 | 謎に包まれた大高城包囲の砦のひとつ
名古屋市緑区の正光寺砦は、桶狭間合戦時に大高城を包囲していた砦のひとつといわれています。

ホーム RSS購読 サイトマップ