守山区




守山区のお城記事まとめ

名古屋市守山区の詳細不明のお城

名古屋市守山区の詳細不明のお城 名古屋市守山区の詳細不明のお城跡をまとめてみました。幸心城(こうしんじょう)名古屋市守山区幸心1丁目の間黒神社周辺にあったといわれるお城。時代は源平時代(平安末期)とも室町時代ともいわれ、城主の名前は山田左衛門尉という事までは分かっていますが、それ以上の事は不明。川村城愛知県中世城館跡調査報告に出て...

≫続きを読む

 

龍泉寺城 | 信長の弟・織田信行の居城

名古屋市守山区の龍泉寺(りゅうせんじ)城は、織田信長の弟・信行の居城であり、小牧・長久手合戦でも砦として利用されました。竜泉寺と表記されることもあります。歴史まずこの地には、延暦年間(782〜806)に創建された龍泉寺というお寺があり、戦国時代にお城が築かれました。普通、お城が廃城になってから、お寺...

≫続きを読む

 

守山城 | 松平清康を巻き込んだ守山崩れの現場

守山城,松平清康,守山崩れ,阿部弥七郎 名古屋市守山区の守山城は織田信光の居城で、徳川家康の祖父・松平清康が亡くなったお城でもあります。また信長の弟である信時が城主となったり、秀孝が亡くなったりといろんなエピソードが残るお城です。歴史守山城の築城は、大永元年(1521)今川氏親(今川義元の父)が、那古野城を築いた頃、それに対抗して織田方が...

≫続きを読む

 

小幡城 | 小牧・長久手合戦で家康が入城したお城

名古屋市守山区の小幡城は岡田重篤、織田信光の居城で、小牧・長久手合戦では徳川家康も一時入城したこともあり、尾張の戦国史に何度か登場するお城です。歴史小幡城は大永二年(1522)、織田氏に属する岡田重篤が築城しました。しかし岡田氏はその後星崎城を築き移ります。そして天文四年(1535)、岡崎城主・松平...

≫続きを読む

 

大森城 | 新居城の水野氏と対峙した尾関勘八朗の居城

名古屋市守山区の大森城の城主は尾関勘八朗と伝わります。お城の規模は、東西約70m、南北約76m、天神川から引いた水で一重の堀を巡らせていたそうです。歴史応仁の乱の頃、尾関勘八朗は、矢田川水系の水利を巡って、一族を率いて東にある水野氏の新居城(尾張旭市)を攻めました。しかし、新居城を落す事ができず、大...

≫続きを読む

 

川村北城 | 織田広近の息子・津田武永の居城

川村北城,織田広近,津田武永,岡田,伊勢守,時常,牧長清 名古屋市守山区の名古屋市守山区の川村北城は織田広近の子・津田武永の築城と伝わりるお城です。歴史津田武永は清洲の斯波氏に仕えていましたが、男子が無く、岡田時常を娘婿に迎えました。しかし、時常にも男子が無く、斯波氏一門の牧長義を娘婿にもらい、川村北城を譲りましたが、牧長義が小林城(中区)に移ることになり...

≫続きを読む

 

川村南城 | 織田信長に仕えた水野右京進清忠の居城

名古屋市守山区の川村南城は、織田信長に仕えたといわれるこの地の豪族・水野右京進清忠の居城と伝わるお城跡です。歴史この水野さんについて、詳しい事はよくわかっていませんが、西方にある長命寺に子孫の水野永重が享保五年(1720)に建てた石碑があります。もしかすると尾張旭市の水野一族と何らかの関係がある人な...

≫続きを読む

 

吉根城 | 織田信雄の家臣・北野彦四郎の居城

名古屋市守山区の名古屋市守山区の吉根城は、織田信雄の家臣である北野彦四郎の居城といわれています。歴史北野彦四郎は春日井郡北野村の人で、二百六十貫(約1300石)の知行で織田信雄に仕えており、小牧・長久手合戦も信雄に属して戦ったそうです。しかし戦に敗れて居城である吉根城に戻り、この城で亡くなったと伝わ...

≫続きを読む

 

志段見城 | 南北朝時代の水野良春の居城

志段見城,南北朝時代,水野良春,新居,尾張旭市,福島正則 名古屋市守山区の志段見城は、戦国時代以前の南北朝時代の康安元年(1361)頃、水野良春の築城と伝わるお城です。歴史【尾陽雑記】によると、二つの郭と掘があったと伝わります。良春は南朝方として戦っていましたが、一族を多くが戦で亡くなってしまい、先祖の地である尾張へ帰ってきました。それから良春はこの地の開...

≫続きを読む

 

米田城 | 簗田政綱が城代を置いて治めていたお城

米田城,簗田政綱,城代,桶狭間 名古屋市守山区の米田(こめだ)城は、桶狭間の戦いで、今川義元の居場所を信長に伝えて、戦功第一となった簗田(やなだ)政綱が城代を置いて支配したお城です。歴史米田城自体、別名を『やなだが城』といい、これは桶狭間で戦功第一となった簗田政綱の『簗田』から来たといわれています。【尾張徇行記】という資料に米田城...

≫続きを読む

 

大永寺城 | 尾張徇行記に記載がある川原平作の居城

名古屋市守山区の大永寺城は【尾張徇行記】に記載がある川原平作の居城です。歴史【尾張徇行記】によると、大永寺村の項に『古城一ヶ所、川原平作居城ノ由、村人云伝フ』とあります。また寛永四年(1792)の村絵図に『もんはき(門脇)』、『ほり田』、『城ノ内』など城郭関連地名が見られ、これらの事により城郭研究者...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ