東越城 | 前田三郎四郎和春の居城




東越上 | 前田三郎四郎和春の居城

 

 

名古屋市中川区の東起(ひがしおこし)城は、前田三郎四郎和春の居城と伝わります。

 

 

 

 

 

歴史

 

お城の規模は東西約115m、南北約130mで、荒子城に続いて築城されました。

 

 

城主・前田和春は、天正十二年(1584)の小牧・長久手合戦で秀吉方として参戦。蟹江城の出城である、下市場砦で家康軍に攻められ亡くなったそうです。

 

 

 

 

 

感想

 

東起城跡は、中川区東越町4丁目にある白山社の南と伝わりますが、現在では開発が進み、お城の遺構は残っていないと思いきや!!

 

 

白山社の南にある用水路は、お城の堀の名残とか!意外なところに遺構が残っているものですね。

 

 

 

 

 

東越の地名について

あとお城があった【東越】の地名を調べてみると次の様なエピソードが残っていました。

 

 

今から約600年ほどの昔、つまり戦国時代より前ですね。

 

 

この地は庄内川の川底が非常に高く、大雨になると必ずと言っていいほど洪水になったとか。

 

 

しかし水が引いた後、川沿いには肥沃な土地ができ、米もよく採れたそうです。

 

 

でも雨になったら田んぼも無くなってしまうわけです。

 

 

この事に目を付けた下之一色の村人が、年貢を納めずにこの地で耕作をはじめ、やがて村ができました。

 

 

この村は下之一色から見て、『庄内川の東を起こす』という意味から東越村という名前になりましたとさ。

 

 

・所在地  中川区東越町4丁目

 

・立地  平城

 

・築城時期  天文年間(1532〜55)

 

・築城者  前田三郎四郎和春

 

・主な城主  前田氏

 

・現状  白山社

 

地図

 

関連ページ

荒子城 | 前田利家の生誕地といわれるお城
かつての尾張国で、現在の名古屋市中川区の荒子城は前田利家の生誕地といわれるお城です。その詳細と感想を書いてみました。
榎津城 | 室町時代の武田兵庫右衛門の居城
名古屋市中川区の榎津城は室町時代に築かれたお城で城主は武田兵庫右衛門という人でした。
江松城 | 信長に仕えた土方治兵衛の居城
名古屋市中川区の江松城についての記事です。城主は信長に仕えた土方治兵衛という人です。
下之一色城 | 蟹江合戦で有名な前田種利の居城
名古屋市中川区の下之一色城は蟹江合戦で有名な前田種利の居城です。
助光城 | 信長の家臣・福留右近将監の居城
名古屋市中川区の助光城は織田信長の家臣・福留右近将監の居城と伝わります。その詳細について記載した記事です。
戸田城 | 尾張に残る田原戸田氏の居城跡
名古屋市中川区の戸田城は江戸時代に田原藩主となる戸田氏の祖先・戸田宗光の居城跡です。
前田城 | 前田家発祥の地といわれる地にあったお城
名古屋市中川区の前田城は、後に加賀百万石の祖となる前田利家の前田家発祥の地といわれるお城です。
奥村屋敷 | 前田氏に仕えた奥村氏の屋敷跡
名古屋市中川区の奥村屋敷は前田氏に仕えた奥村氏の屋敷跡と伝わります。築城者は奥村宗清。
池田屋敷 | 恒興の父・池田恒利の屋敷跡
名古屋市中川区の池田屋敷は池田恒興の父・池田恒利の屋敷跡と伝わります。
祖父江屋敷 | 祖父江隼人の屋敷跡
名古屋市中川区の祖父江屋敷についての記事です。このお城は祖父江隼人の屋敷跡と伝わります。

ホーム RSS購読 サイトマップ