前田城 | 前田家発祥の地といわれる地にあったお城




前田城 | 前田家発祥の地といわれる地にあったお城

 

 

名古屋市中川区の前田城は加賀百万石の祖といわれる前田利家の前田家発祥の地といわれるお城です。

 

 

また前田利家もこのお城で生まれたという説があります。

 

 

 

 

 

歴史

 

前田氏はこの前田城を拠点に蟹江、荒子、一色、東越の地を治めていたとされ、速念寺によると利家もこの前田城で生まれて7歳の時に荒子城に移ったとしています。

 

 

もしそうなら利家の父・利昌の居城という事でもありますね。

 

 

さて、そんな前田城ですが、天文十三年(1554)に荒子城が築かれたので一旦廃城になったともいわれていますが、天正十二年(1584)の小牧・長久手の戦いの時に前田興十郎種定が秀吉方に付いたため、織田・徳川連合軍に攻められ落城したとも伝わります。

 

 

 

 

 

感想

 


かつての前田城は現在、前田速念寺というお寺になっています。

 

 

門を潜ると利家愛用の鯰尾兜風の建物が出迎えてくれます。

 

 

前田城もお城としての遺構はこれといって残っていませんでしたが、前田家関連の石碑が数個ありました。

 

 

あと中川区全域のお城跡にも言える事ですが、この前田城も平地で新川、庄内川という2つの大きな川に挟まれています。

 

 

戦国時代と現在の地形は違うと思いますが、大きな川は天然の堀としての防御や物資の運搬に活用できたりしますが、一旦洪水になるとお城も流される危険があったんでしょうね。

 

 

ところで利家の生誕について2つの説があり、ひとつはこの前田城で生まれて荒子城で育ったという説。

 

 

もうひとつは荒子城で生まれ育ったという説です。

 

 

現在でも議論されている利家の生誕説ですが、あなたはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

前田城,前田家発祥の地

入り口の門を潜ると現れる建物。これが速念寺の本堂です。

 

 

よく見ると利家愛用の『鯰尾』の兜にも見えますね。

 

 

 

 

 


境内に残る最後の城主・前田興十郎のお墓

 

 

・所在地  中川区前田西町1丁目

 

・立地  平城

 

・築城時期  ?

 

・築城者  ?

 

・主な城主  前田氏

 

・現状  前田速念寺

 

地図


関連ページ

荒子城 | 前田利家の生誕地といわれるお城
かつての尾張国で、現在の名古屋市中川区の荒子城は前田利家の生誕地といわれるお城です。その詳細と感想を書いてみました。
榎津城 | 室町時代の武田兵庫右衛門の居城
名古屋市中川区の榎津城は室町時代に築かれたお城で城主は武田兵庫右衛門という人でした。
江松城 | 信長に仕えた土方治兵衛の居城
名古屋市中川区の江松城についての記事です。城主は信長に仕えた土方治兵衛という人です。
下之一色城 | 蟹江合戦で有名な前田種利の居城
名古屋市中川区の下之一色城は蟹江合戦で有名な前田種利の居城です。
助光城 | 信長の家臣・福留右近将監の居城
名古屋市中川区の助光城は織田信長の家臣・福留右近将監の居城と伝わります。その詳細について記載した記事です。
戸田城 | 尾張に残る田原戸田氏の居城跡
名古屋市中川区の戸田城は江戸時代に田原藩主となる戸田氏の祖先・戸田宗光の居城跡です。
東越城 | 前田三郎四郎和春の居城
名古屋市中川区の東越城は前田三郎四郎和春の居城だったそうです。天正十二年(1584)の小牧長久手の戦いで砦になりました。
奥村屋敷 | 前田氏に仕えた奥村氏の屋敷跡
名古屋市中川区の奥村屋敷は前田氏に仕えた奥村氏の屋敷跡と伝わります。築城者は奥村宗清。
池田屋敷 | 恒興の父・池田恒利の屋敷跡
名古屋市中川区の池田屋敷は池田恒興の父・池田恒利の屋敷跡と伝わります。
祖父江屋敷 | 祖父江隼人の屋敷跡
名古屋市中川区の祖父江屋敷についての記事です。このお城は祖父江隼人の屋敷跡と伝わります。

ホーム RSS購読 サイトマップ