小関城 | 小関源五左衛門の居城




小関城 | 小関源五左衛門の居城

 

 

小関城の城主は、この地に勢力を持っていた小関源五左衛門と伝わります。

 

 

 

 

 

歴史

 

この小関氏に関しては謎が多く、織田信長に仕えたとも福島正則に仕えたとも言い伝えがあります。

 

 

また【尾張の古城】(笹山忠著)では、応仁の乱の頃(1470年代)に新居城(現在の尾張旭市)の水野氏に追われた大森城の小関氏の一族が、同族であった上野村の小関氏を頼って逃げたとする資料があるそうです。

 

 

しかしこの地域には永正年間(1504〜21)に上野城の下方氏が信濃より進出しており、小関氏と下方氏の関係を記した記録もなく、両者の関係も謎なんです。

 

 

 

 

 

感想

 

小関城は上野城の東方100m位の所にあったそうですが、現在この地は住宅地として開発され、小関城を偲ぶものは何も残されていません。

 

 

ところで愛知県教育委員会発行の【愛知県中世城館跡調査報告T 尾張地区】には、小関城はかつての『鍋屋上野村』にあり、現在の住所では千種区鍋屋上野になっていますが、地籍図を見ると上野城より、東南の方角にあります。

 

 

この場合、住所も鍋屋上野町ではなく、下方3丁目にあたるので、たいして離れてはいませんが、下方3丁目を記載しました。

 

 

・所在地  千種区下方3丁目

 

・立地  平城

 

・築城時期  ?

 

・築城者  ?

 

・主な城主  小関源五左衛門

 

・現状  宅地

 

地図


関連ページ

末森城 | 信長の弟・織田信行の居城で父・信秀が亡くなったお城
名古屋市千種区の末森城(末盛城とも)は、織田信長の弟・織田信行の居城と伝わります。また信長の父・織田信秀が亡くなった場所です。
上野城 | 小豆坂七本槍のひとり下方左近将監貞清の居城
名古屋市千種区の上野城は小豆坂七本槍のひとり下方左近将監貞清の居城といわれるお城です。

ホーム RSS購読 サイトマップ