藤原師長屋敷 | 平安時代に藤原師長が住んだといわれる屋敷




藤原師長屋敷 | 平安時代に藤原師長が住んだといわれる屋敷

 

 

愛知県名古屋市瑞穂区の師長屋敷は、平安時代末期に公卿の藤原師長(ふじわらのもろなが)が住んだといわれる場所です。

 

 

 

 

 

歴史

 

平安時代の平家が力を持っていた時、当時太政大臣だった藤原師長は、平清盛の勘気を被り、尾張国のこの地に流されてきたと伝わります。

 

 

名古屋市瑞穂区は、今でこそ開発が進んで便利な場所ですが、平安時代は京の都から遠く離れた辺境の地でした。

 

 

師長は琵琶の名手で、当時の鳴海潟を眺めながら、琵琶を弾じては自らを慰める日々を過ごしていたとか。

 

 

後に帰洛を許された時、師長の身辺の世話をした村長の娘は、悲しみのあまりに土器野里(現・清須市枇杷島町)で、池に身を投じて亡くなってしまったという伝説があります。

 

 

 

 

 

感想

 

藤原師長の屋敷跡と伝わる場所は、現在、稲荷神社が建立されています。

 

 

かつてこの周辺は入り江だったようですが、現在では埋め立てられており、かつての形とはかなり変わったのでしょうね。

 

 

また室町時代末期(戦国時代)の武士の館は、堀や土塁で固めた防御度の高いもので、これが現在、城郭研究で『お城』として研究されていますが、ここにあった藤原師長の屋敷がこれと同じ性格のものかは微妙です。

 

 

しかし師長は位の高い人なので、いくら流刑と言っても1人で尾張にやって来たとは考えにくく、家来、もしくは世話係みたいな人も数人が一緒だったのでは?と思います。

 

 

そう考えてみると、屋敷の規模も現代の感覚より大きかったのでしょうね。

 

 

 

 

 

藤原師長,屋敷,平安時代,尾張

師長はこの地に流された後、出家して『妙音院』(みょうおんいん)と号しました。

 

 

それが現在の『妙音通』のゆらいとなったそうです。

 

 

屋敷跡が残る嶋川神社のすぐそばに名古屋市営地下鉄名城線の妙音通駅がありますが、その名前も師長ゆかりのものなんですね。

 

 

・所在地  瑞穂区土市町1丁目

 

・立地  平城

 

・築城時期  治承三年(1179)

 

・築城者  藤原師長

 

・主な城主  藤原氏

 

・現状  嶋川神社

 

地図

関連ページ

大喜田光城 | 大喜三城のお城のひとつ
名古屋市瑞穂区の大喜田光城についての記事です。このお城は大喜三城のお城のひとつに数えられています。
大喜東北城 | 張州府志に記載がある岡本久治の居城
名古屋市瑞穂区の大喜東北城について記事です。張州府志に記載があるお城で城主は岡本久治という人。
五郎丸屋敷 | 熱田神宮の神職・森部氏の館城かも
名古屋市瑞穂区の五郎丸屋敷についての記事です。主は熱田神宮の神職・森部氏といわれています。
亀井重清屋敷 | 熱田以外の源頼朝の生誕地説がある場所
名古屋市瑞穂区亀井重清屋敷は、熱田以外の源頼朝の生誕地説がある場所として有名です。その体験レビューです。
高田城 | 瑞穂区の名古屋市立御剣小学校はお城跡でした
名古屋市瑞穂区の高田城は現在瑞穂区にある名古屋市立御剣小学校になっています。城主は村瀬浄心、高田四朗重家と伝わります。
中根南城 | 城主は織田信長の弟・織田信照
名古屋市瑞穂区の中根南城は織田信長の弟・織田信照の居城です。
中根北城 | 織田信照の重臣・村上小膳の居城
名古屋市瑞穂区の中根北城は織田信照の重臣・村上小膳の居城といわれるお城跡です。
中根中城 | かつてのお城の井戸跡が残る村上弥右衛門の居城
名古屋市瑞穂区の中根中城についての記事です。かつてのお城の井戸跡が残り城主は村上弥右衛門と伝わります。

ホーム RSS購読 サイトマップ