尾張旭市の詳細不明のお城まとめ




尾張旭市の詳細不明のお城まとめ

かつての尾張国である、愛知県尾張旭市の詳細不明のお城跡をまとめてみました!

 

 

渋川城


当地の土豪により築かれたお城と伝わりますが、城主・築城年ともに不明。渋川城の南を流れている天神川の向こうに印場城が有りましたが、印場城より前のお城だったとか。

 

 

現在は駐車場になっている渋川城跡。周辺は住宅地として開発が進み遺構は全くありません。

 

 

地元の人の話では、駐車場に残る一本の大木の周りは十数年前まで少し土盛があったとのことです。

 

 

 

 

 

印場城


城主の名前が坂井弥兵衛ということ以外不明の印場城。印場城址には尾張旭市西部浄化センターが建設されています。

 

 

建設の際に行われた発掘調査では陶器等が発掘されており、十五世紀後半の築城ではないかと推定されています。施設の入口にお城に関する看板が立っています。

 

 

 

 

 

瀬戸川城


文明年間(1469〜1487)に、井田城主であった浅井玄藩允(あさいげんばのじょう)の弟の、浅井源四郎が居城しました。

 

 

昭和五十二年の発掘調査の際、中世の遺物の他に、灯明皿、香炉、御深焼き等の近世の遺物も発見されているので、城として使われなくなってからも、人が住んでいたと考えられています。

 

 

尾張旭市立三郷小学校の西門の前に、瀬戸川城の石碑と案内板が立っています。井田城と同じく、ここも周辺は住宅街になっているので、遺構は残っていませんでした。

関連ページ

水野良春の一族が拠点とした尾張旭市の新居城と新居館
愛知県日尾張旭市にあった新居城と新居館は、水野良春の一族と子孫が拠点とした場所です。この記事では現在の新居城と新居館の址を現地レビューで紹介し、私の感想を書いてみました。
尾張旭市井田町にあった井田城と井田東城の歴史と城主そして私の感想
愛知県尾張旭市井田町には、戦国時代井田城と井田東城というお城がありました。この記事では2つのお城の歴史と城主、そして現在の遺構、私の感想を書いてみました。
狩宿城 | もしかすると林秀貞の父・林弥助の居城かも
愛知県日尾張旭市にあった狩宿城は、当地の土豪・林弥助の居城といわれています。この記事では狩宿城の歴史と現状レビューそして私の感想を書いてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ