傍示本城 | 小牧長久手合戦の時に岩崎城で戦った丹羽氏重の居城跡




傍示本城 | 小牧長久手合戦の時に岩崎城で戦った丹羽氏重の居城跡

 

 

愛知県東郷町の傍示本(ほうじもと)城は、小牧長久手合戦の時に岩崎城で戦った丹羽氏重の居城跡です。

 

 

 

 

 

歴史

 

築城は鎌倉時代末期の正中元年(1324)頃、北条雅時の家臣・加藤安俊が、この地に来て築城したといわれています。

 

 

ちなみにお城があった地名【傍示】(ほうじ)は、後醍醐天皇の時、国境を示す傍示が建てられた事から、傍示本の地名が付いたそうです。

 

 

それから天文年間(1532〜1555)くらいの時まで、加藤氏の居城でしたが、いつの間にか岩崎丹羽氏にとって代わられました。

 

 

戦国時代の頃は、岩崎城主・丹羽氏次の弟・氏重の居城となり、氏重は天正十二年(1584)年の小牧長久手で、岩崎城を守備して亡くなっています。

 

 

傍示本城には、信長から追放されていた父・氏勝が隠居城として住んでおり、慶長五年(1600)に岩崎城の丹羽本家が伊保城(豊田市)に転封になったので、その時に廃城となりました。

 

 

【尾張志】によると東側は断崖で平地を見下ろし、その他の南、西、北側には堀があったという記載がありました。

 

 

そして幕末の頃には曲輪内の西北の隅に民家が1軒だけあり、他は畑になっていたそうです。

 

 

 

 

感想

 

傍示本城は現在、東郷町春木市場屋敷にある傍示本公民館になっており、公民館前に石碑が建っています。

 

 

お城の遺構らしきものは残っていませんが、東側が崖上になっており、その先が尾張と三河の国境であった境川なので、国境を守備していたお城という事がよく分かります。

 

 

あと周辺には、中屋敷、中通屋敷、北所屋敷といったお城ゆかりの地名があります。

 

 

私の感想ですが石碑、高低差、現在の地名と、これら3つあるので、かつてのお城跡を十分偲ぶ事ができると思いました。

 

 

また日進市、東郷町には岩崎丹羽氏関連のお城跡がたくさん残っているので、勢力の大きさがわかりますね。

 

 

所在地  東郷町大字春木字市場屋敷

 

立地  平城

 

築城時期 正中元年(1324)頃

 

築城者 加藤安俊

 

主な城主 丹羽氏

 

現状 傍示本公民館

 

地図

関連ページ

豊明市、東郷町の詳細不明のお城
愛知県豊明市と東郷町にあった詳細不明のお城や砦の記事をまとめてみました。
沓掛城 | 今川義元が桶狭間合戦前夜に泊まったお城
愛知県豊明市の沓掛城は、今川義元が桶狭間合戦前夜に泊まったお城です。そんな沓掛城の歴史と現在の状況をレビューした記事です。
大脇城 | 刈谷城の水野氏の家臣・梶川五左衛門文勝の居城
愛知県豊明市の大脇城は、刈谷城の水野氏の家臣・梶川五左衛門文勝の居城と伝わります。この記事ではそんな大脇城の現状と私の感想を記載しています。
東郷町に残る丹羽氏の諸輪北城、諸輪中城、諸輪南城の場所と感想
愛知県東郷町に残る丹羽氏の諸輪北城、諸輪中城、諸輪南城の場所と感想について説明した記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ