二重堀砦 | 日根野弘就兄弟が守った小牧・長久手合戦の砦




二重堀砦 | 日根野弘就兄弟が守った小牧・長久手合戦の砦

 

 

愛知県小牧市の二重堀砦跡は、小牧・長久手合戦の羽柴方の砦のひとつ。守将は日根野弘就と、弟の盛就。

 

 

 

 

 

歴史

 

秀吉と家康の最初で最後の合戦である、小牧・長久手合戦時の秀吉方の最前線の砦。

 

 

この砦を守っていた日根野弘就は、かつて斉藤家に仕えており、後に織田信長に馬廻(うままわり)衆として仕えています。

 

 

その後、羽柴秀吉に仕えて、小牧長久手合戦ではこの二重堀砦を守りました。

 

 

二重堀砦は名前の通り、二重の堀が巡らされていたと記録に残ります。ここから家康の本陣、小牧山には約2km程の距離しか離れていないので、しばしば夜襲を受け、両軍の小競り合いがあったそうです。

 

 

合戦後に廃城となり、日根野弘就は時之島城(一宮市)を居城としています。

 

 

 

 

 

感想

 

砦跡の石碑が小牧市二重堀の民家の前にありました。

 

 

他の小牧市に残る砦のように高低差はなく、完全な平地なので、二重の堀で守ったのでしょう。

 

 

ちなみに私の後ろにある石碑は、後ろの民家の裏の竹やぶから発見されたものを、この場所に移したそうです。

 

 

・所在地  小牧市二重堀

 

・立地  平城

 

・築城時期  天正十二年(1584)

 

・築城者  羽柴秀吉

 

・主な城主  日根野弘就・弥次右衛門

 

・現状  民家

関連ページ

小牧山城 | 織田信長時代の石垣が残る山城
かつての尾張国だった愛知県小牧市にある小牧山城は、かつて織田信長が城主だった時代の石垣が残る山城です。
岩崎山砦 | 小牧・長久手合戦の時に稲葉一鉄が守った砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市の岩崎山砦は、小牧・長久手合戦の時に稲葉一鉄が守った砦です。また城内には、スヌーピー岩があります。
久保山砦 | 秀吉も訪れた小牧・長久手合戦の砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市にある久保山砦についての記事です。ここは秀吉も訪れた小牧・長久手合戦の砦といわれ、丹羽長秀、蜂屋頼隆、金森長近らが守っていました。
小松寺山砦 | 後の関白豊臣秀次が小牧・長久手合戦時に守った砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市の小松寺山砦 は、後の関白となる三好秀次(豊臣秀次)が小牧・長久手合戦時に守った砦といわれています。
田中砦 | 堀秀政ら1万3千人が布陣した羽柴方の砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市の田中砦は、小牧・長久手合戦時に堀秀政ら1万3千人が布陣した羽柴方の砦といわれています。
蟹清水砦 | 尾張上四郡を統治した織田信安のお城
かつての尾張国だった愛知県小牧市の蟹清水砦は、かつて尾張上四郡を統治した織田伊勢守系の織田信安のお城です。小牧・長久手合戦の時には砦として再利用されました。
小木城 | 織田宰相秀雄の居城らしいですが年代が合わないお城
かつての尾張国だった愛知県小牧市にあった小木城について調べた記事です。城主は織田宰相秀雄という織田信雄の子ですが、調べて行くうちに年代にズレがある事がわかりました。
北外山城 | 織田与四郎信安の居城で小牧の陣で本多忠勝が守った砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市の北外山城に関する記事です。もともとは織田伊勢守系の織田与四郎信安の居城でしたが、廃城になった後に小牧長久手合戦で家康方が陣を置き、本多忠勝が守った砦といわれています。
宇田津砦 | 小牧長久手合戦で織田・徳川連合軍の最前線になった砦
かつての尾張国だった愛知県小牧市の宇田津砦は、小牧長久手合戦で織田・徳川連合軍の最前線になった砦として名を残しています。
南外山城 | 堀尾孫助の居城で小牧長久手合戦で再利用されたお城
かつての尾張国だった愛知県小牧市の南外山城についての記事です。城主は堀尾孫助という人で、廃城後に小牧長久手合戦で再利用されたお城です。
上末城 | 尾張二之宮の祠官・重松秀村の三男、落合将監の居城
かつての尾張国だった愛知県小牧市の上末城は、尾張二之宮の祠官・重松秀村の三男、落合将監の居城と伝わります。現在城址には石碑が建ち、城内には落合将監の墓も残されています。
大草城 | 小牧市の中でも屈指の古いお城で城主は西尾式部道永
かつての尾張国だった愛知県小牧市の大草城は、築城が戦国時代以前の文安年間(1444〜49)といわれ、小牧市の中でも屈指の古いお城です。城主は西尾式部道永という人物でした。そんな大草城の詳細について書いた記事です。
余語氏館 | 宇治川の戦いで項をあげ織田敏定に仕えた余語盛政の館跡
かつての尾張国だった愛知県小牧市の余語氏館は、宇治川の戦いで項をあげ後に織田敏定に仕えた余語盛政の館跡です。そんな余語氏館の現状について書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ