あま市




あま市記事一覧

愛知県愛西市の詳細不明のお城まとめ

愛知県あま市の詳細不明のお城をまとめてみました!平成22年(2010)に旧美和町、甚目寺町、七宝町の3町が合併して誕生したあま市。豊臣秀次や蜂須賀正勝、福島正則といった、有名戦国武将の出身地でもあります。そんな中、詳細不明のお城跡もあるので、今後の研究で明らかになるよ良いですね。桂城織田氏の一族・織...

≫続きを読む

 

蜂須賀城 | 蜂須賀小六で有名な蜂須賀正勝の生誕地

愛知県あま市(旧美和町)の蜂須賀城は、豊臣秀吉を支えた家臣・蜂須賀小六正勝の生誕地でもあるお城です。歴史蜂須賀氏は鎌倉時代の末期頃に、この地に住み着いた土豪と伝わり、戦国時代には、『小六』で有名な蜂須賀正勝が誕生しています。盗賊の様な職業(?)だったとも伝わる小六の蜂須賀本家は、初め美濃(現・岐阜県...

≫続きを読む

 

福島宰相屋敷 | 賤ヶ岳七本槍筆頭の福島正則の生誕地

愛知県あま市の福島宰相屋敷は、豊臣秀吉に仕えた賤ヶ岳七本槍筆頭の福島正則の生誕地です。歴史福島正則は永禄四年(1561)美和町二ツ寺で生まれました。父は福島正信、母は秀吉の叔母に当たると伝わります。幼名は市松。秀吉に仕え、山崎合戦、賎ヶ岳合戦、九州征伐、小田原の陣、朝鮮出兵に出陣。戦功を重ね、文禄四...

≫続きを読む

 

三位法印屋敷 | 秀吉の甥で関白になった豊臣秀次の生誕地

愛知県あま市の三位法印屋敷(さんみほういんやしき)は、豊臣秀吉の甥で関白になった豊臣秀次の生誕地といわれている場所です。歴史この場所は秀次の父・三次吉房の屋敷跡といわれており、ここで秀次も生まれたとされています。吉房はもともと『弥助』と呼ばれる百姓でした。秀吉の姉・『とも』と結婚したことにより、妻の...

≫続きを読む

 

萱津合戦陣城 | 萱津合戦で築かれた陣城跡

愛知県あま市の萱津合戦陣城(かやつかっせんじんじょう)は、信長と清州織田氏が戦った萱津合戦で築かれた陣城です。歴史天文二十年(1551)、まだ信長が家督を継いだばかりの頃のお話。この頃、信長は那古野城(名古屋市・中区)に居城していました。織田家の家督を継いだものの、『うつけ』との評判の信長に周囲の家...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ