安城市




安城市記事一覧

安城市の詳細不明のお城跡まとめ

かつての三河国である、安城市の詳細不明のお城跡をまとめてみました!柿崎村古屋敷山田八蔵の屋敷と伝わる柿碕村古屋敷。山田八蔵は家康に仕え、天正三年(1575)に大賀弥四郎が武田氏に通じている事を訴え、五百石の加増を得ています。また、渥美弥三郎と喧嘩して討たれたとの事が【三河国二葉松】に書かれています。...

≫続きを読む

 

織田信長の兄・信広が今川方に捕縛された安城市の安祥城跡

愛知県安城市の安祥城は、戦国時代に尾張の織田氏と三河の松平氏、そしてそれを支援する駿河の今川氏によって、攻防が繰り広げられたお城です。歴史安祥城は松平氏の居城として有名なお城ですが、築城者は松平氏ではなく、松平氏以前の和田遠江守という説があります。そんな安祥城ですが、文明三年(1472)松平氏の始祖...

≫続きを読む

 

福釜城 | 徳川家康を支えた親盛を祖とする松平氏一族のお城

愛知県安城市の福釜城は、徳川将軍家の親戚である福釜松平氏の居城です。※福釜の読みは ふかま歴史松平宗家の五代、長親の子・親盛が築城したお城で、福釜松平を称したのが始まりです。初代・親盛は松平清康(徳川家康の祖父)に従い、享禄三年(1530)東三河の宇利城(現・新城市)を攻めましたが、討死してしまいま...

≫続きを読む

 

高木城 | 徳川十六神将の一人・高木清秀の屋敷跡

愛知県安城市の高木城跡は、徳川十六神将の一人に数えられている家康の家臣・高木清秀の屋敷跡です。歴史室町時代に高木宣光がこの地に移り住んだ事が始まりで、清秀はこの地で生まれたといわれていますが、緒川城の水野信元に仕えました。三河一向一揆の際にも、水野軍として松平に味方して戦功を重ね、先祖からの土地を安...

≫続きを読む

 

保科城 | 甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷

愛知県安城市の保科城は、甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷址です。保科正直邸とも。歴史甲斐の武田氏に仕えていた正直は、武田氏の滅亡後、北条氏に帰属。しかし天正十二年(1584)頃に徳川氏に付きましたこれを裏切りとみた北条氏は激怒し、正直が人質として送っていた妻子は北条氏のもとで最後...

≫続きを読む

 

山崎城 | 松平清康の弟で広忠と戦う事になった松平信孝の居城

愛知県安城市の山崎城跡は、松平清康の弟で後に広忠と戦う事になった松平信孝の居城跡です。歴史三河を束ねていた兄・清康が天文四年(1535)のに尾張守山城で最後を迎えると、三河は大混乱に陥りました。清康が亡くなったことを好機と見た桜井松平の当主・松平信定が宗家を差し置いて岡崎城に入ろうとしましたが、松平...

≫続きを読む

 

安城古城 | 安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡

愛知県安城市の安城古城は、後に安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡です。歴史平安時代、この地には志貴荘(しきのしょう)という、荘園があったといわれ、鎌倉時代には地頭の館が置かれ、安藤氏が居館としました。ちなみに館時代の主として、多門氏、酒井氏の名前もあります。室町時代になると、和田氏・五代の本拠地と...

≫続きを読む

 

安城市の丈山苑は城跡でした。それが石川丈山屋敷跡です

愛知県安城市の石川丈山屋敷は、石川丈山の館があった場所といわれています。歴史漢学者・隷書の第一人者として名高い『石川丈山』の屋敷跡です。丈山は幼名を『嘉右衛門』といい、天正十一年(1583)この地で産まれました。石川家はもともと武士で徳川家に仕えており、丈山も各地を転戦して名をあげました。しかし大阪...

≫続きを読む

 


ホーム RSS購読 サイトマップ