今村城 | 長江利景と戦い、この地の松原氏の祖となった松原広長の居城




今村城 | 長江利景と戦い、この地の松原氏の祖となった松原広長の居城

 

 

愛知県瀬戸市の今村城は、長江利景と戦い、この地の松原氏の祖となった松原広長の居城跡です。

 

 

 

 

 

歴史

 

今村城主の松原氏は、下総守と称し、碧海郡の今村城(現在の愛知県安城市今村町)に住んでいた豪族です。

 

 

後に尾張国山田庄の飽津村(赤津村)に移り、寛正年間(1460〜66)、広長の代に瀬戸今村城を築きました。

 

 

【尾張の古城】(笹山忠署)によると、今村城の規模は東西90m、南北108m、東南のみに二重堀があり、その他は一重の堀になっていたとか。

 

 

また掘幅は9m、土塁の高さは6mあったそうで、これらのデータは明治時代の地籍図に残る地形から、研究者によって推測されたものだそうです。

 

 

さて、現在の瀬戸に勢力をもった松原氏は、応仁の乱で山名方に付き、敵対していた細川方の桑下城主・長江利景と戦いましたが討死してしまいます。

 

 

その後、今村城は廃城となりましたが、広長の遺児たちが土着し、この地域に松原姓を広めました。

 

 

 

 

 

 

松原広長には、『忠兵衛』、『忠右衛門』という2人の息子がいました。

 

 

2人は今村城廃城後、赤津村(現在の瀬戸市新明町)で育てられ、成人後は百姓となり、子孫が繁栄します。

 

 

そして明治維新後、それらの子孫が松原姓を名乗り、この事から、この地域には松原さんが多いのだそうです。

 

 

また広長の家臣に稲葉盛重という人がいて、今村城落城後に稲葉村(現在の尾張旭市稲葉町)に移り、帰農して松原氏の祖となった説。

 

 

あるいは、その稲葉村に広長の遺児のひとり・忠右衛門が移り、【稲葉松原氏】を広めたという説もあります。

 

 

そう考えると、瀬戸市の松原さんと尾張旭市の松原さんは、元をたどると同じご先祖である、松原広長の子孫という事になりますね。

 

 

 

 

 

感想

 

かつての今村城は、現在の瀬戸市城屋敷町にありました。八王子神社の一隅に、石碑と池と、井戸跡が残されています。

 

 

ここも開発が進んで、周辺は住宅街となっていますが、石碑の前にある池は、今村城の堀を利用して造られたものだそうです。

 

 

私の感想ですが、瀬戸市の今村城は遺構はそんなに残っていなくても、この地域の戦国時代を身近に感じるお城だと思いまいsた。

 

 

その理由は、まず城跡のすぐ隣りの地名が城屋敷町で、そのまま残っているという点。

 

 

そして堀跡や井戸跡も残されているといポイントも無視できないですね。

 

 

:松原氏は戦で敗れ、歴史の表舞台から消えてしまいましたが、子孫も残り、この地域ゆかりの戦国武将という印象がありますね。

 

 

 

 

 


お城跡にちょっとした池がありますが、これはかつての今村城の堀跡を利用して作られたそうです。

 

 

 

 

 


そして井戸跡も残っています。お鶴井戸という名前から、姫、もしくは奥方ゆかりの井戸なのでしょうか?

 

 

所在地 瀬戸市共栄通5丁目

 

立地 平城

 

築城時期  寛正年間(1460〜1466)

 

築城者 松原氏

 

主な城主  松原氏

 

現状  八王子神社

 

地図

関連ページ

瀬戸市の詳細不明のお城まとめ
愛知県瀬戸市にあった詳細不明の城をまとめた記事です。現状と分かる範囲の歴史などは記載してあります。
秦川城 | 安藤将監景照の家臣・尾関弥右衛門が城代を務めたお城
愛知県日瀬戸市にあった秦川城は、安藤将監景照の家臣・尾関弥右衛門が城代を務めたお城といわれています。この記事ではそんな秦川城の歴史や訪れた感想を書いています。
入尾城 | 平安時代に築かれた平良兼の子孫・滝口景貞のお城
愛知県日瀬戸市にあった入尾城は平安時代に築かれた平良兼の子孫・滝口景貞のお城といわれています。この記事では入尾城の歴史と訪れてみた感想を記載しています。
水野城 | 南北朝時代に水野高康、有高親子が居城し後に磯村左近が居城
愛知県日瀬戸市にあった水野城は、南北朝時代に水野高康、有高親子が居城し後の戦国時代に磯村左近が居城したお城です。この記事ではそんな水野城の歴史と現状レビューそして私の感想を書いてみました。
落合城 | 戸田宗忠が築き織田信長によって落城したお城
愛知県日瀬戸市にあった落合城は、戸田宗忠が築き後に織田信長によって落城したお城です。この記事ではそんな落合城の歴史や現状レビューそして私の感想を書いています。
桑下城 | 美濃からやって来た長江氏が築いた庭園付きのお城
愛知県日瀬戸市にあった桑下城は、応仁の乱の後に美濃国(現在の岐阜県)からやって来た長江氏が築いたお城で、近年の発掘調査で庭園跡や銅鏡も見つかっています。この記事ではそんな桑下城の歴史や現状レビューそして私の感想を書いています。
品野城 | 大金重高が築き松平と織田で争奪戦!そして信長が落としたお城
愛知県日瀬戸市にあった品野城は大金重高が築き松平と織田で争奪戦になったお城です。この記事でハ品野城のアクセス方法や登り方、そして歴史や現地レビュー、私の感想を書いたものです。
山崎城 | 品野城主・松平家次に対抗する為、織田方が築いたお城
愛知県日瀬戸市にあった山崎城は、品野城主・松平家次に対抗する為、織田方が築いたお城といわれています。この記事ではそんな山崎城のエピソードと現状レビューそして私の感想を書いてみました。
片草城 | 品野城主・坂井秀忠の一族の坂井十郎の居城
愛知県日瀬戸市にあった片草城は、品野城主だった坂井秀忠の一族・坂井十郎の居城です。この記事ではそんな片草城の歴史や現地レビューそして私の感想を書いてみました。
阿弥陀ヶ峰城 | 長江利景が松原広長との戦いに備え築いたお城
愛知県日瀬戸市にあった阿弥陀ヶ峰城は、戦国時代以前、長江利景が松原広長との戦いに備え築いたお城です。この記事では阿弥陀ヶ峰城の歴史と現地レビューそして私の感想を書いてみました。
瀬戸城 | 織田信長に仕えた加藤光泰の居城
愛知県日瀬戸市にあった瀬戸城は、織田信長に仕えた加藤光泰の居城といわれています。この記事ではそんあ瀬戸城の歴史と現状レビューそして私の感想を書いてみました。
馬ヶ城 | 長久手合戦の時、岩崎城で戦った加藤忠景の居城
愛知県日瀬戸市にあった馬ヶ城は、長久手合戦の時、岩崎城で戦った加藤忠景の居城です。この記事では馬ヶ城について調べたことを書いてみました。
御戸偈城 | 今村城の松原氏ゆかりのお城
愛知県日瀬戸市にあった御戸偈城は、今村城の松原氏ゆかりのお城と伝わります。この記事では御戸偈城の歴史や現地レビューそして私の感想を書いてみました。
菱野城 | 清和源氏の一族・山田重貞が築いたお城
愛知県日瀬戸市にあった菱野城は、清和源氏の一族・山田重貞が築いたお城といわれています。その後、林氏も城主となり、洪水で流されました。
本地城 | 今村城の松原氏の一族・松原平内のお城
愛知県日瀬戸市にあった本地城は、この地域に勢力を持っていた今村城の松原氏の一族・松原平内のお城です。
大津城 | 後宇多天皇の末孫といわれる大津氏の居城
愛知県日瀬戸市にあった大津城は、後宇多天皇の末孫といわれる大津氏の居城です。この記事では大津城の歴史を現地レビューそして私の感想を書いてみました。
塔山城 | 森河氏が築き、甲斐の武田氏の偵察地になったお城
愛知県日瀬戸市にあった塔山城は、森河下総守が築き、戦国時代には甲斐の武田氏の偵察地になったお城です。
水野陣屋 | 江戸時代中期の陣屋で初代代官は水野正恭
愛知県日瀬戸市にあった水野陣屋は、江戸時代中期の陣屋で初代代官は水野正恭といわれています。この記事では、そんな水野陣屋の歴史や現地レビューそして私の感想を書いてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ